続・らくがき日記

漫画家志望 趣味や日常も書きます 受賞歴はプロフィールから

BUNDAN COFFEE&BEERへ行きました

こんにちは
きょうはこの間書いたカフェのことを書こうと思います~
尚、文中に書いてある註釈は大渕の独断と偏見が含まれておりますので、ご了承ください


行ったカフェの名前は「BUNDAN COFFEE&BEER」
BUNDAN →B・U・N・D・A・N→ぶんだん→文壇 ですよ みなさん!(しつこい)

小説家にまつわるカフェなんですね 場所はなんと目黒にある日本近代文学館の中にあります!!!

 

BUNDAN COFFEE & BEER

<公式サイト>

 

f:id:ooooofuchi:20170131152344j:image
日本近代文学館の外観はこんな感じ

ほんとうは文学館のほうも覗いてみたかったのですが、時間がなかったので、今回はカフェのほうだけ訪れました

カフェは入口から入って左奥
文学館とは少し雰囲気が変わり、アンティークな雑貨や水槽が置いてあり、とてもノスタルジックな雰囲気のするカフェでした♡

 

f:id:ooooofuchi:20170131152401j:image

<オーダーしたコーヒーのメニュー名はなんと「寺山」! 寺山修司(※1)からきています>

 

(※1)寺山修司…(1935-1983)詩人、劇作家、映画監督などでカルト的な作品を数多く残している 職業名を訊かれたら「寺山修司」と答えていたらしい 代表作は『書を捨てよ、町へ出よう』、『青少年のための自殺学入門』など


その他にもコーヒーは「芥川」(※2)「鷗外」(※3)などの名前がありました しかも、ちゃんと作家とエピソードのあるコーヒー豆を使用しているんですよ~

 

(※2)芥川龍之介…(1892-1927)「ぼんやりとした不安」が原因で自殺した作家 ドッペルゲンガーも見えていたらしい 代表作は教科書にも載っている『羅生門』『蜘蛛の糸』など

(※3)森鷗外…(1862-1922)小説家だが、医師でもあった 本名は「森 林太郎」やたらと木が多い 鷗外が子どもたちに付けた名前は今で言うキラキラネームじゃないかと言われている 代表作は『舞姫』など


その他にもソフトドリンクや、アルコールなどがあるのですが、殆どが作家の名前が付いていて、作家とどのような関係のあった飲み物なのか、メニュー表にも詳しく書かれていました
メニュー表を読み込むだけでも、面白いかもしれません


そしてご飯もあります!!
わたしが食べたのは森瑶子(※4)さんに因んだオイルサーディンを使った丼! とっても美味しかったです♡

 

f:id:ooooofuchi:20170131152446j:image 

(※4)森瑶子…(1940-1993)恥ずかしながら、こちらのカフェに訪れてから初めて知った作家さんでした 遅咲き&短い生涯の内に活躍されたんだそう メニューを頼むと親近感が湧くのもひとつの魅力かも


その他にも谷崎潤一郎(※5)や、今活躍されている村上春樹(※6)さんにまつわるメニューなどもありましたよ~


(※5)谷崎潤一郎…(1886-1965)マゾヒズムと女性の脚に対する執拗な描写に定評のある小説家 『春琴抄』や『卍』ではわざと句読点を極力使用しない文章を書いている 大の猫好き


(※6)村上春樹…(1949-)毎年ノーベル文学賞を期待される日本を代表する小説家 アメリカ文学の翻訳のお仕事もされている 代表作は『ノルウェイの森』『1Q84』など

 

店内もとても雰囲気があって、天井まで背の高い本棚がずらっと壁一面に並んでいます 店内でしたら、自由に本を読むことが可能です
読書をしながらご飯を食べるのも良し、雰囲気に浸るだけでも素敵な時間が過ごせるな~なんて思いました


照明が暗めで、窓から差し込む光で眩しい店内に、孤高な作家になった気分が味わえるかも?
そういえば店内で使用されている、テーブルや椅子もすごく素敵だったのですが、全て値段が付いていた…尋ねてないのですが、販売しているのかもしれないです


カフェ店内には販売スペースもあり、本も売っていたのですが、すごく気になったのはナボコフ(※7)が使っていたという鉛筆と江戸川乱歩(※8)モデルの眼鏡が売っていたこと!!


(※7)ウラジーミル・ナボコフ…(1899-1977)ロシア出身の作家 代表作『ロリータ』は現代の「ロリータ・コンプレックス」などの言葉に派生した有名な作品 晩年は亡くなるまで、スイスの老舗ホテルで過ごした

 

(※8)江戸川乱歩…(1894-1965)日本で初めて推理小説を書いた小説家 本名は「平井太郎」「蔵の中で蝋燭を灯して作品を執筆している」と噂されたが、実際は寒すぎて一日で断念したらしい 代表作は『人間椅子』児童書の「少年探偵」シリーズなど


眼鏡、素敵でしたね…ちょっとゼロが多くて、手が届く値段ではなかったのですが…!! ああ、でもいつか欲しい…!!

 f:id:ooooofuchi:20170131152512j:image

 

f:id:ooooofuchi:20170131152524j:image

<角砂糖の段々溶けていく感じがすき>

 


帰りに、文学館の入口に売っていた谷崎潤一郎の絵葉書を購入した際、受付の方が「3月に谷崎潤一郎の展示があるので、良かったら来てくださいね」とお声がけして下さいました
その時期くらいに、カフェも含めてまた行けたらいいな~なんて思ってます♡

 

f:id:ooooofuchi:20170131152534j:image
<BUNDAN COFFEE&BEERのストアカードと、谷崎潤一郎の絵葉書>


それではレポートにお付き合い頂きありがとうございました!

 


あ、ところで先日トップページに、ランキングへのリンクを貼りました

f:id:ooooofuchi:20170131152851p:image
デスクトップ用の画面から見ると確認できます ご報告遅れて申し訳ありません


そして、今年の3月にグループ展に参加することになりましたので、そちらの予告も後ほどしていけたらな、と思います 宜しくお願い致します

ではでは