続・らくがき日記

漫画家志望 趣味や日常も書きます 受賞歴はプロフィールから

行きたかった展示ふたつ

こんにちは
少し前の話なんですが、今月のPVも100を超えたそうです ありがとうございます~


さて、今回の記事は行きたい~と思っていた展覧会へ行ってきたよ~っていう記事です
一つ目は、原稿を編集部へ持っていった帰りに寄りました
蔵前駅の近くにあるCafe ile(カフェ イル)さんで、イラストレーターのQUESTION No.6さんの個展を見に行って来ました!!

f:id:ooooofuchi:20170608191758j:image

f:id:ooooofuchi:20170608191811j:image

f:id:ooooofuchi:20170608191824j:image
とても可愛いかった~!
シンプルな絵柄と色の組み合わせがステキですよね…!! 以前もこちらのカフェでされていた個展を見に来たとき「無理しない、頑張らない女のコ」のイラストがテーマでした
女性だけでなく、男性にも共感できる部分があると思います

f:id:ooooofuchi:20170608191839j:image
カフェの料理もとっても美味しかったですよ♡
クロックムッシュを頂いたのですが、見た目よりもチーズがたっぷりでした 周りのピクルス(だと思う)もさっぱりしてて良かったです~

展示は6月31日までされているので是非!

 

そしてもうひとつは趣きが変わるのですが、日本近代文学館谷崎潤一郎の展示を見に行ってきました

f:id:ooooofuchi:20170608191850j:image
谷崎潤一郎というひとは小説家です 代表作は『細雪』『痴人の愛』、『春琴抄』とか
その他のイメージと言えば美脚フェチ、サディスティックな女性&マゾヒストな男性、耽美主義って感じでしょうか(他にもあります)

正式なタイトルは『全集完結記念 新資料から見る 谷崎潤一郎 ー創作ノート、日記を中心にして』というものです

「全集完結記念」というのは没後50年を記念して刊行が始まった全集のことです
「創作ノート、日記を中心にして」という通り、この展示では原稿以外にも、谷崎の綴った手紙や日記も展示されていました


わたしが初めて谷崎潤一郎を読んだのは『痴人の愛』だったのですが、中年のおじさんが、カフェで見かけた若い女のコと結婚して、立派な女性に教育しようと目論むのですが(この発想が時代的なものなんだろうけどすごいですね)、この女のコが浮気を繰り返し、結局主人公の男性が折れて「浮気してもいいから、俺の妻でいてくれ~!」となって終わる話です(※すごく簡単にまとめてます)

どうして、この主人公が女のコに折れてしまったのかというと、すごく美しいからなんですね
でもこれって夫婦の愛なんだろうか? っていうか奥さんも浮気してるし、主人公も情けなーい!!と思って、読んだ当時は正直「え、ここで終わるの?」という感じでした っていうか少し腹さえ立っていた(笑)

でも谷崎が描きたかったのは、その中に出てくる女性の耽美的な描写や、女性の魅力に負かされてしまう男性なんですよね…その辺りの描写がもどかしくて、人間の情けなさというか、しょーもなさが美しいんですよね

人間の複雑な心持ちが絶妙な描写で描かれているんです


その面白さに気がついてからは、暫くハマって何作か読みました
短編でも谷崎の耽美性や被虐性がステキに面白い作品があって『鍵』『刺青』『少年』あと、脚フェチ小説と言えばこれだろ!な『富美子の足』が読み易い気がします
初めにこっちを読んでおきたかったな~とかたまに思ったり(笑)


耽美主義だった谷崎らしいな~と思ったのですが、単行本をどんな装丁にするのか、ということにとてもこだわっていたそうです
展示は当時刊行された単行本も一緒に並べられていて、レトロ感が素敵だったし、作者のこだわりがあるんだな…と思うだけでたいへん感慨深かったです

 

展示を見終わったあとに、日本近代文学館の中にあるBUNDAN COFFEE&BEER にも行ってきました~

 

ooooofuchi.hatenablog.com

 <前回訪れた時の記事>

カフェだけの利用も可能なんです
メニューは一応、いろんな文学者に因んだものなのですが、知らなくても充分楽しめますよ~


今回は展示とのコラボメニューがあると言うことで、谷崎潤一郎の作品『台所太平記』に出てくる「初さん」というキャラクタが作っていた…というメニュー「初さんお得意の料理定食」と谷崎が裏神保町で飲んでいた、というペリエ(炭酸水)をオーダーしました

 f:id:ooooofuchi:20170608191916j:image

まさに谷崎潤一郎一色!!


谷崎は美食家としても知られていました
小説の中に出てくる食べ物の描写もこだわりを感じて良いのです!


このコラボメニューの定食は、見ての通り天ぷらメインなのですが、すごく沢山の種類が乗っています エビも身が詰まっていて美味しかったし、さっぱりしたミョウガも季節感あって良いし、蟹の足の天ぷらも入ってました…初めて食べたかも!
兎に角、大満足なメニューでした めちゃんこ美味しかった~


そんな感じで原稿中から行きたかった展示へ行ってきました
ほんとうはあともう一つ、今月中に終わってしまうのがあるのですが、行けたら行きたいな~ また記事に書けそうなら、記事にしますね

では、昨日から再開した「一日三顔」を載せます

f:id:ooooofuchi:20170608191928j:image
ボーイッシュな女のコを描いてみました
クラスに一人は居たよね

ではでは本日はこの辺で
最近は沢山更新してますが、また間が空く時もありますので、ご了承くださいませ~
はてなスター&新規読者登録ありがとうございました 感謝です

わたしが虎になる前に

f:id:ooooofuchi:20170606220426j:image

こんばんは
添付はツイッターのフォロワーさんが100人になったので、2人に指で「100」を表して貰いました

突然ですが、国語の教科書に載っていた中島敦の『山月記』を覚えていますでしょうか
たまたま、この物語を読み返してみたんですが、この主人公って下手したら自分に当てはまるじゃん…と思った訳です


その理由とは


昨日の記事で書いた通り、先日描き上げた原稿を新人賞に出すため&担当さんにチェックして貰うために編集部へ行ってきたんです

ネームもほぼ一発OKだったし、今までよりも随分早く仕上がったし、まあ、大丈夫かな…と思って持っていった訳です

でも、担当さんにチェックして頂いた結果「ネームで読んだときの印象と違うから、今回は新人賞に出すのを止めよう」ということになったんです
これが凹んだ理由その1

何が良くなかったのかと言うと…絵、ですね
絵の見せ方 特に構図が良くなくて
ネームのときはかなり簡略化して描いているのですが

f:id:ooooofuchi:20170606220505j:image
<ネーム>

 

f:id:ooooofuchi:20170606220531j:image

<原稿>

こんな感じ
人物の大きさとか背景のアングルのせいで、台詞が読んでいるひとの印象に残らない、とのこと このまま出すくらいなら、絶対修正した方がよい、とも

この辺りについては、どうした方がいいのか丁寧に説明して頂いたので、次の原稿に入るときにはすぐに直せる所です

でも折角描いたものだから、やっぱり少なからずショックですね…いや、まあ、頑張ったからって結果が出るもんじゃないって判ってるんですけど


そんでもって、今回の作品を見送るとなると、次回作をどうするか…ってことになりまして
一応、考えているお話を話してみたのですが、ダメ出しの嵐でした
これが凹んだ理由その2

自分自身が否定された訳ではないけれど、自分の考えが否定される…みたいな感覚に近いかもですね

プロットや設定からして、オリジナリティがなくて、どこにでもあるような話で、それくらいの話を描くくらいなら別のひとのほうが上手く描けると…まあ、言われてしまい
それを否定するつもりはないけれど、凹むよね~そう言われたら!


それで、他のひとが描いたほうが上手くいくような話を描いて、しかもお金にならないなら、結局何がしたいのか…と言われてしまい…

なんたって、プロ作家と言うのは商売ですから、お金になるような作品を描かないひとは要らない訳で、つまりそんなことを言われてしまいました
これが凹んだ理由その3


つまり、オリジナリティがないってことですね 没個性 作家性がないってことです
今までその部分について考えてみたことが何度もあるのだけど、すごく難しい 自分の個性って自分で判っていればいいんですけど、わたし、正直いま全然判らないです


話している最中にかなりダメージきたので、いま振り返るとかなり態度に出てたな~って思ってそれも凹むわい…


何だかんだで、いろいろお話して下さって最後に「またネーム見ますね」みたいなことは言って頂けたのですが、もうそのネームを描く意欲すらどっかにいってました その時は


何かを上手く伝えられなかった自分と、作品が上手く描けない自分とか、凹んだような、ちょっと腹が立つような、兎に角もやもやするようなすっきりしない気持ちが、胸に溜まってめちゃくちゃ歩いて帰りました(笑)
何か全然電車に乗れる気になれなくて

編集部の後に蔵前に用事があったので、それは電車に乗ったんですけど(ツイッターでこの事についてつぶやきましたが、ブログにも今度書きますね)、蔵前から神保町まで歩いてしまった

歩いて帰る内に、だんだん気持ちが収まってきたのですが、きょうの昼間まではそれでもかなりもやもやしてました


んで、冒頭の話に戻るわけですが、いろいろその間考えている時にふと、昔授業で読んだ小説を読みたくなって、中島敦の『山月記』を読んだ訳です

山月記』の青空文庫中島敦 山月記

主人公の李徴(りちょう)は、他人との交流を好まず、自分自身を信じ過ぎた故に虎の姿になってしまいます
この「虎の姿」というのは「臆病な自尊心」を具体化したものだと思うのですが、あ、これって全然自分でも可能性0じゃないな、と思った訳です これはヤバいぞ、と

山月記』はフィクションだし、虎っていうまだかっこいいやつだけど(李徴は醜い姿、と言っていますが)、これをマジの現実で考えたら虎どころじゃないぞ、と思った訳です


つまり、昨日担当さんから受けた指摘は、全部図星だったのに、感情を抑えきれなかったから、自衛するために腹が立ったんだな、と
この「腹が立った自分」は「虎の姿」に近い訳ですよ

なんか『山月記』を読んで、昨日の自分のことがすっかり馬鹿らしくなってしまいました


なんかそこから徐々にいまの状態に落ち着いてきました 感情が昂っていると、全然いいことないですね
落ち着いてくると、次に自分がするべきことが段々見えてくるような気がしてきました


えーと、つまりオリジナリティをどうするか、ってことですね


まだ、上手くいくか判らないけれど、「これを試してみようかな」と見当がついているものがあるので、取り敢えずそれからやってみたいと思い、ちょっと元気になりました

わー、でもこれめちゃくちゃ難しい課題だなあ…どうなるんだろうか


そして今回の文章もめちゃくちゃ長いですね
自分の身に起きたことを、こうだらだらと書いていて、自分でのちのち見直す分には面白いこともあるんですけど、付き合って下さった方に感謝です 完全なる自己満足ブログだなあ…


取り敢えず、考えているお話があるので、そこから広げたいんですよね
今月中には、ネームが一本描けていたらいいのですが…なんだかいまの自分には「数打ちゃ当たる作戦」より「もう少し考えましょう作戦」のほうがいい気がするのです
もう同じような結果は出したくないんだよな…!!

あ、そうそうこんなことばかりを考えているいて、続けていた「一日三顔」をすっかり忘れていました 明日から再開しますね

また展示のことも書きたいです 良かったらお付き合い下さい

それでは本日はこの辺で
前回、前々回と はてなスターありがとうございました! 嬉しいです

 

遅筆な志望者は速筆な作家の夢を見るか

f:id:ooooofuchi:20170605222123j:image

こんばんは
しょーもないタイトルですみません

きょうは昨日記事に描いた通り、完成した原稿を編集部へ持っていって、新人賞に出すつもりでした…でした!
えっと、いろいろあって、担当さんとも沢山お話したのですが、今回の内容とは分けて書きたいので、そのことはまた次回に…!


それで、今回書こうと思っている内容なのですが、原稿を仕上げるのが早くなったので、なぜそんな風になったのか自分用のメモ、という意味も込めて、今回の作業について振り返ってみようと思います

っていうか、今まで書いた作品も振り返るので、長いです お時間ある方はお付き合い下さいませ


昨日の記事にも書いたのですが、改めて書きますと、今回32ページあった原稿は下描き~仕上げまでを、3週間と3日で描き上げました
しかも、今までは〆切近い日はお仕事もお休み貰っていたのですが、今回は週5日のシフトを入れながら仕上げたので、自分でも驚いています!!


因みに今までの作品の制作期間ですが、

◎『腑に落ちない男』(32ページ)
【制作期間】下描き、仕上げ含めて…半年(!)

f:id:ooooofuchi:20170605222203j:image

これは、初めて持ち込んだ作品
この時、初めて担当さんがついたのですが、この制作期間を言いましたら、とても驚かれました でも一作目って皆さんこんなものじゃないですか …流石にそれはないか!


◎『或るスケッチブックの記録』(34ページ)
【制作期間】下描き1ヶ月、仕上げ2ヵ月(だったような)

f:id:ooooofuchi:20170605222222j:image

この時は、兎に角ひいひい言ってたような気がします
それに、原稿に入るまでなかなかネームが通らなくて…この後、数年間は一年に一回くらいしかネーム通ってないです


◎『お父さんの結婚指輪』(36ページ)
【制作期間】下描き1ヵ月、仕上げ2ヵ月くらい

f:id:ooooofuchi:20170605222236j:image

この時期の女のコの作画が全然可愛くない

 

◎『レシートお持ちになりますか?』(16ページ)
【制作期間】下描き、仕上げ1ヵ月ちょっとくらいだったような

f:id:ooooofuchi:20170605222254j:image

この作品はたった16ページなのに、今回描いた原稿よりも長くかかったのを覚えています
いま、振り返るといま以上に人物のデッサンとか背景のパースを取るのに時間がかかって、何度も描き直していたんですね、それが原因だったのかな、って思います 別にいまもデッサン狂ってるんですが

 

この後、暫くこのときの担当さんと距離を置くことになりました
それでその後仕上げた作品は

◎『君の名は』(43ページ)
【制作期間】下描き1ヵ月、仕上げ2ヵ月くらい

f:id:ooooofuchi:20170605222309j:image

今まで以上にかかってる…!! いろいろあって、やや傷心気味だったのもありますがのんびり描いたようです
この作品は、きょう行ってきた編集部へ持ち込んだ作品でした


◎『作家信仰』(32ページ)

【制作期間】下描き、仕上げ含めて4ヵ月くらい

f:id:ooooofuchi:20170605222319j:image

もっとかかってる~!! でも、この作品で担当さんについて頂いたので、結果的には良かったんですが


◎『日はまた昇る』(32ページ)
【制作期間】下描き1週間、仕上げ2週間ちょっと

f:id:ooooofuchi:20170605222407j:image

今回の めちゃんこ短くなりました


さて、ここで作画スピードが上がった考えられる要因ですが

(1)付けペンからピグマに変えた

f:id:ooooofuchi:20170605222422j:image
今回の作品を描く以前には、人物は主にGペン、背景は丸ペンを使っていました
コマ割りも烏口だったので(今回も初めだけちょこっと使ってたんですが、〆切優先させる為に途中からマッキーに変えました)、インクが乾くのに時間がかかって、その間は下手すると作業ができません

一度ごとの待つ時間は少ないかもしれないけど、トータルするとかなり大きい


(2)以前よりも人物のデッサンを取るのが早くなった

f:id:ooooofuchi:20170605222434j:image

前の担当さんに「絵が下手」と言われてから参考書をいくつか読みました
別にいまも上手くはないのですが、人間の関節がどこで曲がるのか、とか大体覚えておくだけでも、迷う時間が減りました 線に迷っている時間って、結構勿体なかったな~って思いました


(3)トーンを使う量を減らした
今回の作画に入る前に、線を変えたほうがいいよね、ということでピグマを使い始めたのですが、その絵に合わせて今までよりもすっきり目の画面を作れるように意識しました

f:id:ooooofuchi:20170605222454j:image
今までの作品はこんな感じで、全てのコマに背景や何かしらのトーン(或いは効果線など)を入れるようにしていたのですが

f:id:ooooofuchi:20170605222520j:image
今回は背景を抜いてるコマを意識的に作ってみました なので作業時間が減りました
そして使っているトーンの種類も4種類だけにしました
今まででも多い方ではなかったと思うけど、7種類とか、それくらいだと思います


(4)パースを計らなくなった

f:id:ooooofuchi:20170605222539j:image

あんまり良くないことだと思うけど、背景を雰囲気で描くようになりました
原稿の中に消失点がなかったりすると、紙を繋げて描いていたこともあるのですが、それが面倒…というか時間がかかるので今回は全然計ってないです
担当さんにパースの狂いは指摘されなかったけど、もう一度勉強しようかな、と反省中…

 

とても長くなってしまいましたが、こんな感じで考えられます
描き始める前はどうなるんだろう~と思っていましたが、描いている内に自分でも馴染んできたような気がするので、結果的は悪くなかったです


トーンの量とか、使うペンだとかは、雑誌や作者のカラーもあるので気軽に変えられるケースばかりではないとは思うので、あんまり参考にはしないで下さい~


なんか文章書いていたら、凹んでいた気持ちがかなり直ってきました 明日、また少し客観的になってきょうのことを振り返えろうと思います…振り返ってばかりだな


ではでは長文でしたが、お付き合い頂きありがとうございました
珍しく、明日も更新できると思います~
それでは今夜はお休みなさーい

脱稿しました&展示いろいろ

f:id:ooooofuchi:20170604223309j:image

こんばんは
きょうは少し遅め&久しぶりの更新です

ツイッターでは、ほぼ毎日進捗を載せていましたが、前回のブログの更新からずっと原稿を描いていて、タイトルの通り本日脱稿致しました

f:id:ooooofuchi:20170604223341j:image

 かかった期間は32ページで3週間と3日
本当は3週間で終わらせるつもりだったのですが、甘かった…!!
とは言え、過去の自分と比べると下描きに1ヶ月、仕上げに1ヵ月とかかけていたので、かなり早くなりました
担当さんが居なかった時期だと4ヵ月とかかけて描いているし…今回と比べると随分のんびりしていたな まあ、実際してたんですけど


〆切をあらかじめ決めておいて、担当さんに見て貰う!!と言う約束があったから、早く仕上げられた…という部分もあると思いますが、今回は原稿に使う道具をかなり変えました 多分、これがかなり大きい

この事について、脱稿したら描きたかったんだけど、明日にしますね 長くなりそうなのです


ところで、展示もいくつか見に行っておりました
まず、以前の打ち合わせの帰りに吉祥寺にある「リベストギャラリー創」へ谷川史子先生の原画展を見に行ってきました♡

f:id:ooooofuchi:20170604223415j:image
ツイッターのフォロワーさんのつぶやきで知り、見に行くことができました
最終日だったせいか、会場はかなり混雑していましたが、いつも単行本で見ている谷川先生の可愛くて、爽やかなイラストを生で見れて、とても良かったです~!!

f:id:ooooofuchi:20170604223435j:image
谷川先生の描く人物は、みんなキラキラしていて(外見も中身も)すごく可愛い…!! 大人っぽい絵もあるけど、少女っぽさというか清楚な要素もあってバランスがすきです


漫画の原稿もあって、かなりじっくり見てしまった… そしてとっても綺麗だった!
台詞の中の鉛筆の文字が、『告白物語』(谷川先生が、単行本の巻末に載せているあとがきみたいなページ)で見る書き文字そのままで、なんだかとても不思議な感じでした そして字も可愛い…!!

谷川史子先生の作品、『積極』がいちばん好きです

 

さて、他の日には「ギンザ・グラフィック・ギャラリー」(ggg)で開催中のロマン・チェシレヴィチの展示を見に行ってきました~

f:id:ooooofuchi:20170604223537j:image

こういう雰囲気の作品もすごくすきなのです
なんて言うか人間の明るい部分でも、暗い部分でも琴線に触れるような表現っていいですよね(好みだから個人的感想だけども)


ロマン・チェシレヴィチというデザイナーは初めて知ったのですが、この展示が日本初だったようです…ギンザ・グラフィック・ギャラリー最高!!

作品はポスターを見ての通り、暗いものばかりだったのですが、風刺や皮肉をテーマにした作品が多く、思わずニヤリ、としてしまう感じ
一枚のポスターで「うーん、なるほど」と思わず唸ってしまうような表現が本当に素敵でした しかも作品としても、ウルトラスーパーかっこいいんだな、これが…!!

また、どこかで展覧会しないかな~
好みどストライクの作家が増えてとても嬉しかったです


他にも行きたい展示が幾つかあって、今週中に行く予定なので、また行ったらブログに書きますね~


そして昨日と今日、地元のコミュニティセンターでの展示に参加させて頂きました

f:id:ooooofuchi:20170604223600j:image
いろんな方とお話できて楽しかったです~

あとこの記事の画像、全部使い回しですみません…

 

先月、も更新少なかったのにPVが100超えておりました…ありがとうございます!
移転してから、ますますスローペースなのに、付き合って下さる方には感謝しかありません
前回の記事、はてなスターはてブもありがとうございました(実は「はてブ」のこと全然判ってないので勉強しておきます…!)


そういえば、プロフィールにツイッターのフォローボタンを付けてみました
ブラウザから見ないと、ツイッターのことはなんにも表示されないので、アプリやスマホからも一応繋げてみようかしら…と思いまして

 

それでは本日もご訪問ありがとうございました
明日は編集部へ原稿を出しに行くので、その後ブログ更新しますね
それでは~

原稿に入りました

こんばんは
ツイッターには書いたのですが、きょうから原稿に入りました…つまり、ネームが担当さんにやっと、やっと! 通りました~!

いまの担当さんになってから(以前は別の出版社に持ち込んでいました)、初めてネームが通りました! 原稿に入るのは去年の7月以来…!

久しぶりに描こう~ってなると妙に緊張する…!

 

f:id:ooooofuchi:20170511213524j:image

これは、今回の原稿の一枚目です
プラン通りに行くにはもう少しペースを上げないとまずいかも…でも、担当さんに締切を相談した所、少し余裕がありそうなので良かったです


以前、こんなキャラ表を載せましたが

f:id:ooooofuchi:20170511213606j:image 

今回は全く別のネームを持っていっていました
前のネームは自分の中でもまだまだ消化不良なところがあったものなのですが、それがネームにも現れてしまっていて「何が言いたいのか判らない作品」にとてもなっていました 渦中にいる時には判り辛いけど、過ぎ去ったいまなら解るぞ…いまなら……!

 

それで、今回は以前から考えていたキャラクタで、お話を作り直して(形にするのは初めてでしたが)ネームを描きました ほぼ一発OKだったのが嬉しいです…!!
勿論、プロの方に比べたら全然なのですが、以前のは「お話にならなかったレベルのネーム」だったので前進できました…!! 良かった、良かった


きょうから描き始めた原稿も、新人賞に出すことになっています 良い結果になるようにしなければ…!

原稿に入ったので、続けてきた「一日三顔」は一旦お休みしますね 代わりに…と言ってはなんですが、できるかぎりツイッターで、原稿の進捗を載せていこうと思っています

 


先日、ツイッターで「#表情練習に1RTでムッとした顔2RTで怒り顔3RTで絶望顔4RTで発狂顔5RTで放心顔6RTで泣き顔7RTでゲス顔8RTで怯え顔9RTで悪人顔」というタグをしまして、イラストを描いたので、載せておきます

キャラクタはオリジナルの星野光(ほしの ひかる)です (ツイッターに乗せたとき、最後のイラストだけ、描き忘れていた箇所があったので、修正してあります)

 f:id:ooooofuchi:20170511213632j:image

f:id:ooooofuchi:20170511213641j:image

f:id:ooooofuchi:20170511213646j:image

描いたイラストのほうにも、リアクションありがとうございました~


それから、ブログに載せていなかった分の「一日三顔」も(カウント数を途中から間違えてました…今までの合わせてNO.56です)

 f:id:ooooofuchi:20170511213702j:image

f:id:ooooofuchi:20170511213715j:image

f:id:ooooofuchi:20170511213725j:image

f:id:ooooofuchi:20170511213736j:image

f:id:ooooofuchi:20170511213745j:image

f:id:ooooofuchi:20170511213757j:image

暫くは、原稿が仮の締切に間に合うように頑張ります~
ああ、でもあと一巻で読み終わる、宮部みゆきさんの『模倣犯』の続きが気になって気になって いつ読もうか迷っています うーむ

 

お伝えできていないときあるのですが、いつもご訪問&はてなスターありがとうございます! 嬉しいです